【3分で分かる】株で金利は気にしなくていい!?

こんにちは。儲けた医です。

今回の話題は「金利」です。

巷では「米国金利の上昇を受け~」ってよく言いますよね。

実際に投資をしてみると「利上げ=株安」「利下げ=株高」なんて話をよく見かけますし短期的にはそう動くこともあります。だから金利を気にする人も多いのではないでしょうか?

ここで皆さんに残念なお知らせです。以下の画像をご覧ください。

これは直近のS&P500と米国10年債利回り(=金利)をならべたものです。上が1年スケール、下が5年。

気づきますよね?あれ?金利上昇しながら株価上がってない?あるいは金利下がっても株価下がってない?と。

あるいはよく見ると金利が上昇した後に株価が下落したり、金利が下がりながら株価が上がったりしているところもあります。

ということはどういうことか?私は「金利で株式市場の先行きは見通せない」と考えます。

金利高=株式への売り圧力、というのは同意します。しかし一方で「堅調に経済発展しているからこその利上げ」でもあるわけです。利下げも同じ。

金利の動きに対して上下の2通りの理屈付けができるわけです。そして上に示したグラフから見える傾向。

短期的には影響があるかもしれませんが、もはや長期的には何の意味もないのでは?と考えます。

結論:金利とか気にするのやめない?

ご意見ご質問などありましたらコメントかTwitterまでよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました