高配当株投資が本当に有用なのか検証してみた~米国株編

初心者向け記事

こんにちは。儲けた医です。

株式投資というのはそれぞれみんなが好きなようにするべきだと思っています。

ゲームが好きだからと任天堂を買い、優待が良いからとオリックスを買い、アメリカの平均にレバレッジ(倍率)をかけたETFを買い、、、ほとんど含み損の人がいます。

誰か知ってる!お前!

そうだよ。ということで実は任天堂だけは含み損から脱した儲けた医です。

今回のトピックは「高配当株投資」です。

私も投資始めたての頃は「高配当株投資っていいよね!何もしなくても毎年お金入ってくるし!」と思っていました。

しかし、最近になって「本当にそうか?」と思うようになりました。

それは「高配当株の株価が年々下がっている印象があるから」です。

高配当でもその分株価下がってたら意味ないしな。

本当は違うのか?それとも印象通りなのか?ということでその検証をした記事part2になります。今回は米国株編です。

part1は日本株編でした。別に読まなくても支障は無いのですが→こちらにリンクを貼っておきます。では、検証スタートです!

1.調べた銘柄(2020年4月予想データ)

高配当株と言ってもたくさんあります。日本に限らず、米国にもそして欧州にもたくさんあります。

さすがに絞らざるを得ないので有名どころのみ調べましたが如何せん数が多すぎますね。

ということで私の偏見を以て業種を散らしつつ選んでみました。

  • 電気機器:キャノン(6.9%)
  • 金融:みずほFG(6.12%)
  • 不動産:アーバネット(8.58%)
  • 石油:エクソンモービル(7.67%)(米国株)
  • タバコ:ブリティッシュアメリカンタバコ(7.29%)(米国株)
  • S&P500高配当株式連動型ETF:SPYD(分配金利回り-経費率=5%)(米国ETF)

というチョイスをしてみます。高配当株になりやすい業種って「金融」「タバコ」「石油」「不動産」が多いのです。

※株式の種類によっては株価が下がっていない高配当株もあるのでこれらの銘柄が「配当利回り以上に株価が安くなっている」=「高配当株投資はオワコン」じゃないです。

そこだけは勘違いしないでくださいね。

※記事が長すぎるのでキヤノン、みずほFG、アーバネットについては前編記事で書いてます→こちらです。

また、日本の代表的高配当株「JT」に関しては以前考察をこちらで書いてます。よろしければどうぞ!

2.検証結果

やることは簡単です。株価の騰落率と配当利回りの比較です。

もちろん、コロナショックで市場が大幅に傷んでいるので「コロナショック前の水準」で考えたいと思います。

あとは、年度による偶然性を消すために過去5年分さかのぼって検証します。

そうしないとほとんどダメになるからね多分。

2-1.エクソンモービル(石油)

では、エクソンモービルについて検証してみましょう。

このチャートは上が株価、下が配当利回りを示したものです。

さすがに何十年と増配し続けている企業なだけあって利回りも結構いいですね。

2015年~2019年までの年間配当の推移は概算で2.9ドル→3ドル→3.1ドル→3.2ドル→3.4ドルという推移です。

綺麗な増配傾向ですね!

ですね、5年間の合計が約15.6ドルです。毎年3ドル以内の下落幅だと良いということですね。

コロナショック前の株価が約70ドルです。そして5年前、2015年初頭(チャートの左端)ではだいたい90ドル付近です。

株価が20ドル安くなっているのに対して配当が15ドル、ちょっと怪しいですね。年別に見てみましょう。

2015年:75~90ドル買付配当15.6ドル、騰落幅-20~-5ドル→△
2016年:75~95ドル買付配当12.7ドル、騰落幅-25~-5ドル→△
2017年:75~90ドル買付配当9.7ドル、騰落幅-20~-5ドル→△
2018年:70~90ドル買付配当6.6ドル、騰落幅-20~0ドル→△
2019年:70~80ドル買付配当3.4ドル、騰落幅-10~0ドル→△

という結果になりました。△は「儲かる時も損する時もある」という判定です。

△が多すぎるということは算定に使った2020年1月の70ドルが不適切だった可能性があります。

どういうこと?

エクソンモービルは株価があまり上下していません。

例えばコロナショックが起きず、2020年に75ドルなどを付けていたとします。

すると「元金保証の上、配当で5年の配当で20%」という結果になったかもしれません。

コロナショックで大変なことになってますし、原油安でヤバいと思いますのでタラレバに意味は無いのですが。

この危機を乗り越えたら、、、?

ひょっとして真の優良高配当銘柄!?

次の章で説明しますが、多分違います。

2-2.ブリティッシュアメリカンタバコ(煙草)

続いてはブリティッシュアメリカンタバコ(以下BTI)です。

ブリティッシュの名前の通りイギリスの企業なのですが、アメリカのADRが非常に人気ですので米国株枠で検討します。

ポンド建て計算ではずっと増配し続けている銘柄になります

期待できそうですね!

2015年~2019年の年間配当額の推移は概算で2.3ドル→2.2ドル→2.3ドル→2.6ドル→2.7ドルとなっています。

合計値は12.1ドルですから5年間で株安が12ドル以内に収まっていれば良いということです。

チャートに絶壁が見られるんですが。。。

ヤバそうですね(笑)

コロナショック前の水準を45ドルと考えることにします。2015年初頭の株価(チャートの左端)では55ドル付近です。つまり配当もらってギリギリ2ドルのプラスです。

あっ(察し)

表で見るまでも無いので軽く解説しますね。

2015年に57ドル以下で購入していた場合は2020年に45ドルとなってもギリギリプラスとなります。

それ以降は2016年、2017年共にそれぞれ配当額を引いた55ドル、53ドル以下での購入が極めて困難です。

つまり配当額以上に株価が下がったということです。

2018年は暴落の年だったようですね。後半なら50ドル以下で購入できます。また2019年夏までは株価は低調です。

つまり2018年夏~2019年夏の購入なら良かったということです。

1年間もチャンスがあったんですね。

でも複数年単位で見るべき高配当株で1年前に買っとけば、、、というのは不適切だと感じませんか?

コロナウイルスによって世界的に「タバコやめよう」というムードになりつつある中でわざわざBTIに投資するメリットは薄いと思います。

2-3.SPYD(高配当ETF)

最後はラスボス「SPYD」です。

高配当株に連動したインデックスを構築している、いわば市場平均×高配当というETFです。

え、強そう。

SPYDはETFのため、配当利回りを表示できませんでした。ですが分配金があるので他の銘柄と同じように計算したいと思います。

だいたい分配金利回りは4%程度のようです。2015年末に新設されたETFですので2016年~2019年までの分配金を考えます。

2016年~2019年までの分配金の推移は1.51→1.42→1.62→1.75ドルでした。

チャートはところどころ谷がありますが基本的には右肩上がりのようです。

お、良さそう!

コロナショックでドえらいことになってますが、その前の39ドルを基準に年別に考えてみましょう。

2016年:27~35ドル買付配当額6.3ドル、騰落幅+4~+12ドル→◎
2017年:35~38ドル買付配当額4.8ドル、騰落幅+1~+4ドル→〇
2018年:34~39ドル買付配当額3.4ドル、騰落幅0~+5ドル→〇
2019年:34~39ドル買付配当額1.75ドル、騰落幅0~+5ドル→〇

という結果になりました。

うん、良いですね。トランプ相場の恩恵も受け株価も上昇しつつ配当も4%もらいつつという良いとこ取りのETFかもしれません。

SPYDが最強ですね!

残念ながら違います。ここには落とし穴があります。

3.2015年以降のアメリカは滅茶苦茶強かった

ここまで見てきた中ではXOMとSPYDが高配当株投資先として優秀に見えましたね。

見えた、ってどういうことですか?

下にS&P500の推移を提示します。

5年前の2015年4月末を基準とした%スケールで示します。

2019年に米中貿易摩擦問題、2020年初頭にコロナショックを食らいながらこのリターンです。

最も成績の良かったSPYDは「コロナショック前の株価を基準に考えた時、ETF成立時に買っておけば配当で+16%、株価で+30%」でした。

それがS&P500では2016年買付でコロナショック後の水準であっても株価+34%です。コロナ前なら+60%です。

この差は歴然でしょう。

※S&P500はインデックスなので市場平均と考えても良いと思います。

つまり、2015年以降のアメリカ経済の伸びを考えると「高配当株投資ではS&P500に単純に投資するよりリターンが減る」可能性が高いのです。

やはり配当だけ見たウハウハ生活は難しいのか。。。

投資家たるもの株価の上下で利益を出せということかもしれません。悲しい。。。

4.まとめ

  • XOM、BTI、SPYDではS&P500に太刀打ちできなかった。
  • 2015年以降の検証なので2020年以降は変わる可能性がある。
  • 市場平均を上回りつつ、一定の配当を出す企業へ投資するべき。
  • 配当利回りだけを見た投資では機会を損失している可能性がある。

ということでした。

前編の日本編と合わせるとやはり「単純に配当利回りだけを重視」という投資手法は成立しないということがわかります。

配当金を出すということはそれだけ企業に余力があることの証左ですが、配当性向(どのくらい必死で配当を出しているか)も見なくてはいけないと思います。

このブログでは私が個人的に「これはどうだ?」と思った銘柄を銘柄分析カテゴリーに入れてますのでよろしければご覧ください!

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました