SPXSを歴史的暴落時に保有していたら?

株全般

こんにちは。儲けた医です。

以前SPXSにはもう二度と触らないと誓いました。ただ、単純な興味として暴落時にどのくらい利益があるのかな?と思いました。

アメリカ市場最大の暴落は1929年のブラックサースデイでしょう。ここをきっかけに大恐慌→WWⅡの流れになったと言っても過言ではないと思います。

さて、この時SPXSを保有していたらどうなっていたでしょうか?あるいはリーマンショックなどの他の暴落時ではどうでしょうか?

そういったシュミレーションからSPXSやSPXLついて述べていきたいと思います。

1.だいたい3日で70%儲かる~1929年

wikiを参照してみました。1929年10月27日の引成でSPXSを仕込んだとします。(S&P500はこの時存在していないのでダウ・ジョーンズ工業株で代用)

1929年10月28日の下落幅は約13%、10月29日の下落幅は約12%ですので27日の引成からの下落率は

1-(0.87×0.88)=0.2344

ということで2日間で23%下落したわけです。SPXSなら3倍して+70%ですね。えっぐww

結局この後もずるずると下がり続け3年後に株価が底を打つわけです。その時には当時の最高値からは89%下落していました。天井と底を取れれば+270%という驚異のリターンを叩き出せたことになりますね。

2.30%以上の暴落は歴史上7回

こちらに既出の話でしたが、これまでに米国株の30%以上の暴落は7回起きていたそうです。

タイミング下落率3倍値
1929年8月~1932年6月89%267%
1937年2月~1938年3月53%159%
1968年11月~1970年6月33%99%
1972年12月~1974年9月46%138%
1987年8月~1987年11月34%102%
2000年3月~2002年10月49%147%
2007年10月~2009年3月56%168%

※赤字が暴落TOP3(世界恐慌、ITバブル、リーマンショック)

このタイミングであればSPXSで資金を倍にできたというわけですね。さて、皆さんはこのタイミングでSPXSを使って爆益を上げられそうですか?私は無理です。

 

3.10倍株は買える、暴落は予測できない

日本、アメリカを含めて10年間に時価総額が2倍・3倍になる株式は山のようにあります。今までも、これからも。

ただ、30%以上の大規模な暴落のタイミングはここ90年間に7回しかないのです。つまりSPXSが倍額まで跳ね上がるチャンスは10年に1回無い位です。

どっちの方が当てられそうですか?私は10年で倍になる株ならひょっとしたら見つけられるかもしれません。10年に1回無い位のチャンスは無理です。

ということでSPXSへの投資はやはり勧められません。どうしてもSPXSで入りたいときは必ず損切り基準、手放し期を決めてからエントリーしてくださいね!

SPXSを勧めない理由はこちらにもあります。

4.知ってはいたけど、SPXLが最強です。

SPXLのここ10年のリターンは15~20倍です。もう考えんのやめて全額SPXLで良いじゃん。

と言いたいところですが、「来ない来ない」と言ってると20年に1回は30%級の暴落が来ます。その時にSPXLは90%の下落にはなりません。紙くずになります。若干の値段は付きますが。

なぜか?それは早期償還というのが行われるからです。

早期償還リスクだけは知っておこう

SPXLやSPXSと言ったレバレッジ商品には90%以上の値動きが発生した際に早期償還と言って対象指数との連動を中止するシステムです。10%の金額から再スタートは無いということです。

つまりS&P500が30%以上動いたら強制的に上場廃止になるということです。ちなみに2018年2月にはVIXショックが起きましたが、この時にVIX連動型の金融商品が多数早期償還されました。

前日の終値が30000円程度だったのですが、1144円となって償還されたのです。だいたい96%下落ですね。しかもこれETFだったので信用取引が可能でした。信用買いしていた人たちは莫大な借金を抱えて株式市場から退場したわけです。

おそらく自己破産となった方や富士の樹海に消えた方もいたと思います。

なお、SPXLに関してはアメリカ市場が「サーキットブレーカー」というストップ高、ストップ安のようなシステムがあるため、一日の最大値動きは±20%以内に抑えられ、簡単に早期償還される心配はないです。

5.まとめ

  • SPXSへの投資は勧めない
  • SPXLへの投資が最強かも(早期償還リスクは要ケア)

ということで暴落に合わせてちょっとずつSPXLを買って貯金にしようと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました