新型コロナで株価が下がったら買います

株全般

はじめに

この記事は2020年1月27日時点での情報をもとに書いておりました。

時間が経ち、新型コロナウイルスの影響が私の想像以上に深刻なものと分かってきました。

当時、わたくしは新型コロナウイルスの脅威はそれほどではないという結論でこの記事を書いておりましたが、誤りでした。申し訳ございません。

ただ医療的な部分に関しては事実と大きく異なる部分はありませんでしたので、3月末時点での情報をもとに加筆修正させていただきます。

楽観が過ぎたということです。申し訳ありません。

こんにちは。儲けた医です。

中国の武漢で発生した新型コロナウイルスによって景気後退の懸念が発生し、株価が下落の兆しを見せております。

ここでの方針を一言でまとめると「下がったら買い」です。特にアメリカ株を狙っていきたいと思います。

なぜなのか。考えていきたいと思います。

1.新型コロナウイルスの脅威性

新型コロナウイルスの医療的な脅威性はどの程度なのでしょうか?

中国の重症例41例では致死率が15%と報じられて一部でデマ&パニックになっているようですね。こういうデマって捕まらんのですかね?震災デマは捕まりますよね。

で、まあ当然重症例なのでそもそも肺に病気を持っている人とか免疫が抑制された人とかが死亡者の主体だと思います。では健康な人への影響はどうなのか?

感染力

新型コロナウイルスの基本再生産数(感染力の指標)は1.4~2.5程度、もちろん、今後の変動はあるでしょうが、とりあえず大きな増減はなさそうだと思っています。

おたふくかぜだと基本再生産数は12程度、結核だと基本再生産数は5.5程度です。結核は日本だけで毎年18000人(毎日50人くらい)が発症しています。

これらの感染症と比較するのが妥当かはわかりませんが、それほど感染力は強くないのではないかな?と考えています。

結核や麻疹といった感染力の強く、命にかかわるような感染症が出てくるとわりと大騒ぎなのですが、今回の新型コロナウイルスに関してはそこまで大騒ぎしなくてもいいのでは?というのが個人的感想です。

詳しく感染症専門医の方が記事にしていますのでこちらを参照してみてください。

追記

新型コロナウイルス感染症は8割の人が他人にうつさないとされる一方で、残りの人が無症状でありながら複数の他者に飛沫を介して感染させるということがわかりました。

こういった性質から「3密:密閉、密集、密接」の状態を避けるということが喫緊の課題になっています。

致死率

致死率についても5%以下という数値が出てきています。死亡報告例は1/24現在すべてが中国人になっています。感染者3000人で80人くらいですね。3%位かな?

一部では、生物兵器、10%以上死亡する、といったデマが流れていますが、そんな簡単に宿主が死んだら寄生しているウイルスも死んでしまいます。

そんなわけでそう簡単に死ぬような感染症ではないというのが私の認識です。

もちろん中国が情報を隠していたり、突然変異を獲得してしまったりするとこの限りではないですが、陰謀論ですね。

追記

3月末時点でも依然として感染症として全感染者に対する致死率は数%です。

しかし持病があったり、喫煙歴などがあったりすると致死率が上がってしまうことが分かっています。

また、医療崩壊を起こしてしまっているような国々ではさらに致死率が高まっています。日本はギリギリのところで踏みとどまっています。

2.株が下がってる話

まあ、新型コロナウイルスに関してはこのくらいにして、本題です。

株の買い時かもしれません。

エボラ出血熱の時も株価が暴落したのですが、後から見ると買いに行くべき相場だったのです。

今回の新型コロナウイルスに関しても同様のことが言えると思っています。コロナだ~こわいぞ~と言って株を売ってくれるなら、それら全部買いたいです。

日経平均株価も2%超下げて、おそらくアメリカ株もかなり下げるでしょう。もともと急騰に近い動きで上昇していたアメリカ株は調整&利確には絶好の機会だと思われます。

皆の逆指値が逆指値を呼ぶウリウリの展開だと僕の預金が火を噴きます(興奮)。

ということでここから1か月は買い場ですかね。個人的にはドルコスト平均法でナンピンして取得単価を下げる買い付けをしていきたいですね。

暴落オナシャス!日本株のPF?まあ、仕方ないね(吐血)といった感じで夜が楽しみです。

ありがとうございました。

3月末追記

結局買い時に間違いはなかったのですが、3月末現在では3月20日付近で買うのが最もよかったと考えられます。

これは、金融不安が緩和され、為替も幾分か落ち着いたためです。

私はこちらの記事で書いていますが、TECLを平均200ドルで購入しました。

その結果、かなりの含み損を抱えてしまっています。仕方ないねと我慢します。

私が買ったタイミングはVIX20強といったあたりでしたのでもう少しVIXが大きくなってから買うべきでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました