損益計算書の解説~読めたら脱初心者~

脱初心者記事

こんにちは。儲けた医です。

皆さんは財務諸表読めますか?

総資産とか営業CFとか売掛金とか「大事なのは知ってるけど読み方わからん!」という人も多いと思います。

僕も最初は全然読めませんでした。でもポイントを押さえていくと何処が大事なのか簡単にわかるようになります。

財務諸表が読めると、もう初心者ではなくなります。ということで脱初心者目指して読めるようになりましょう!

三表すべて解説すると長くなってしまうのでここでは損益計算書についての解説となります。

バランスシートはこちら、CF計算書はこちらで解説しています。

1.財務諸表とは?

財務諸表(ざいむしょひょう、financial statements)は、企業が利害関係者に対して一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにするために複式簿記に基づき作成される書類である。日常用語としては、決算書(又は決算報告書)と呼ばれている。(wikiより引用)

つまり企業が株主へ一定期間ごとにお金の動きを報告するための書類というわけです。

財務諸表にはいろいろな種類があるのですが、投資で大切なのは財務三表といいます。

財務三表は「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つからなります。ここでは損益計算書について解説しています。

2.損益計算書

損益計算書とは企業の売り上げや経常利益が記載されているもので、その内容を詳しく見ることができます。英語ではProfit & Loss statement略してP/Lとも呼ばれています。

この記事ではP/Lと記載します。

損益の計算式はわかりますか?誰でもわかるように書くと、

売上-原価諸経費税金=純利益

ですね。つまり、純利益がさがった!=売り上げが少ない、ではなく別に原因があるかもしれないということです。

で、その他の原因がないか調べるために使うのが損益計算書ということです。

ではここで任天堂の損益計算書を見てみましょう。

損益計算書で大事なことは正直2つだけです。

それは「特別会計を計算する」こと「本来の利益を計算する」ことです。

特別会計を計算する

特別会計を計算するというのは難しいことではないです。赤矢印のところが特別会計の数値です。

特別会計というのは「おそらくその時だけ」発生する損益のことです。タカタがエアバッグリコール問題をうけて倒産してしまったことはご存知だと思います。

リコールのように必ず発生すると決まっていないようなイベントへの支払いや、それによる収入が特別会計となるわけです。

特別会計は大赤字の時以外は気にしなくていいです。

任天堂がマリナーズを売却して特別黒字が多めに出たこともありましたが、その後の株価はほとんど変わりませんでした。逆にタカタのように会社の存続にかかわる特別赤字は緊急事態というわけです。

今回のP/Lではほとんど影響しないので無視してよいと思います。

本来の利益を計算する

特別会計の話にも関連するのですが、企業の成長率は基本的に「純利益」をみるべきです。赤矢印の所です。

売り上げが上がっているから大丈夫、下がっているからヤバイということはなく、基本的には純利益を見るのが大切です。

特別会計で大きな黒字があり、純利益がその分だけ上乗せされ、前年比+1%、というような企業は売り時の可能性があります。

なぜなら特別黒字がなければ大きな減益になっている可能性があるからです。

また、為替の問題もあります。任天堂のように海外でも商品を売っている企業は円高になると減益になります。

例えば1ドル=110円が1ドル=100円になったとします。

アメリカではSwitchを300ドルで売っているとしたら、日本円に換算して33000円→30000円となるわけです。これは10%近く利益が落ちます。

もちろん米国の売上げをすべてドル→円に替えているわけではありません。しかし円高時は日本円で見かけ上は大きな損失として反映されることがあります。逆もまたしかり。

つまり純利益に為替や特別損益が絡んでいたら解いて本来の姿を見る必要があるというわけです。

本来の利益をもとにPERを計算すると市場とのギャップが現れ、チャンスが見えてくるかもしれません。

3.まとめ

  • 特別損益で歪んでいないかチェック
  • 大きな特別赤字は緊急事態
  • 為替差損益で歪んでいないかチェック
  • 本来の利益からPERを計算してみる

このように売上げの上下が必ずしも利益の上下になるわけではないのです。しかし、そのギャップを見つけたらそこはチャンスかもしれません。

もちろん売上そのものが減って減益している場合はあまり良くないのですが。

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました