証券口座を開くのって危険?損しないの?→大丈夫です

初心者向け記事

こんにちは。儲けた医です。

この記事をご覧の方は証券口座の仕組みがいまいちわからんという人か、証券口座開くのが怖い、という人だと思います。

結論から言うと

証券口座を開いただけで損はしない

です。終わり。

実際にお勧めする証券会社はこちら~

だとあまりにも信頼性や親切さに欠けますね。軽く解説します。

1.銀行窓口でも投資できるけどおすすめしない理由

まず、証券口座を開かなくても投資はできます。

投資信託口座があれば大丈夫です。ほぼすべての銀行では投資信託や金融商品を取り扱っていますから銀行に行って買えばいいと思います。

ただ、銀行で投資信託や金融商品を買うのはおすすめしません。

どうしてかと言うと「もっと手数料を少なく買えるから」です。

積立NISAであれば年間40万円×20年、通常のNISAであれば年間120万円×5年、非課税でうんようできます。NISAについてはこちら(金融庁)

積立NISAで投資信託を購入するか、NISAで日本の銘柄や外国に上場しているETFを買うのが手っ取り早いということです。

そんなわけで銀行で投資信託口座を開いて投資するのはそれほど良い方法ではないと思います。

まあ、定期預金で眠らせておくより良いと思いますが。

2.不安の理由

それなりの年月投資をしている私の勝手な考えかもしれませんが、投資を嫌がる人というのは基本的に投資に対する知識が足りていない気がします。

よく、「危なそう」「怖いイメージ」と言われるのですが取引するまでは1円も損しません。普通の銀行預金と同じです。

ちなみにATMには100万円ほどしか入っていません。仮に300万下ろそうと思ったらあらかじめ電話でアポをとる必要があります、知ってました?

取引を始めるかどうかは自分のモチベや興味に応じてでいいと思います。

でも「株やってみたいな」と思ったときにすぐにできる環境くらいは揃えてもいいんじゃないかな?と個人的には思っています。

投資そのものを試験だと考えてみましょう。

口座はそもそもテストの時に学校に出席しているかどうか、みたいなものです。

出席していないとそもそもテストを受けるために学校に行かなくてはいけないってことですね。

3.どの証券会社がいいのか?

A:ちゃんとしたとこならどこでもいいです。

基本的にネットで証券会社と検索した時に上位に出てくるSBI証券や野村証券といった大手なら問題ないと思います。

最近、SBI証券の口座数が野村証券を超えたようですね。なお僕は大昔からSBI証券です。

基本的にどこの証券会社でも信用できますが、手数料やトレード可能な証券取引所に違いがあるのでどこが1番良いとは言えません。

ということで証券取引をはじめる前段階、証券口座を開くことについて書きました。ありがとうございました。

口座を開設したい方はこちら↓からどうぞ!サポート付きです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました